犬の矯正方法とは

矯正方法は、ウンチが出るまさにその瞬間に、しかると同時に驚かせます。

犬を驚かせるには、大きな音を立てるのが効果的です。

こうすると犬はびっくりして排泄を中止するでしょう。

中止したら十分ほめてやり、してよい場所でさせるようにします。

なお、"まさにその瞬間"を逃がしてしまい、ウンチをしたあとに犬をしかってしまうのは厳禁です。

なぜなら、犬はなぜしかられているのか理解できず、矯正できないばかりか、飼い主に不信感を持つようになるからです。

ですから、"まさにその瞬間"がチャンスであることを忘れてはなりません。

高橋ナツコ(ペットシッター)

このブログ記事について

このページは、-が2016年10月16日 14:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5才になる柴犬がフィラリアにかかりました その2(高橋ナツコ)」です。

次のブログ記事は「飼い主をかむ犬のしつけ その1(高橋ナツコ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja