添い寝が定着している場合(高橋ナツコ)

キャリーの中ならそこへ、犬のベッドがあるならそこで休ませるようにします。

添い寝が定着している場合、やめた日の晩は少し騒ぐかもしれません。

しかし、ハウスの扉をしめて飼い主は無視してジッとがまんを。

ひとしきり騒いであきらめがつけば、犬もその状況を飲んでおとなしく休むはずです。

どうしても愛犬と同じ部屋で休みたい場合は、高ささえ気をつければ問題はありません。

飼い主はベッド、犬は床の上のハウスなどであれば、文字通り添い寝ではありませんからルール通りといえます。

高橋ナツコ(ペットシッター)

このブログ記事について

このページは、-が2017年11月27日 11:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「嫌いなもの」です。

次のブログ記事は「猫と犬の話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja